フレンチブルドッグの子犬販売

目次

2024年6月18日生まれのフレンチブルドッグの子犬

2024年6月18日生まれのフレンチブルドッグの子犬

オス3頭、メス2頭、カラーはブリンドルです。
生産地は静岡県浜松市の当犬舎ワンブーです。

父犬はJKCチャンピオン直子のブリンドルのブッチャーです。変性性脊髄症(DM)はクリアです。

母犬は外産直子のクリームのムーチョです。変性性脊髄症(DM)はクリアです。

フレンチブルドッグのムーチョ

フレンチブルドッグの子犬販売のブリーダー「ワンブー」が、静岡県浜松市からお客様に直接販売しています。

ペットのブリーダーワンブーの子犬の価格には、健康診断・マイクロチップ代金、1ヶ月の生命保証が含まれています。表記は税込価格です。

ペットのブリーダーワンブーでは実際に私達が使ってみていいと思った、ドッグフードを始めとした飼育用品もあわせて販売させていただいています。
販売価格も低価格で安心です。

ペット保険も2社取り扱いがございますので、加入をご検討の方はご相談ください。子犬販売当日からご加入いただけます。

また、子犬を販売したら終わりではなく、しつけなどのアフターフォローも万全です。
気になることはどんどん聞いてください。お客様と一生涯のお付き合いをしたいと考えています。

フレンチブルドッグ子犬の写真No.202406181正面7月16日現在フレンチブルドッグ子犬の写真No.202406182正面7月16日現在フレンチブルドッグ子犬の写真No.202406183正面7月16日現在フレンチブルドッグ子犬の写真No.202406183正面7月16日現在
オスオスオスメス
275,000円(税込)275,000円(税込)275,000円(税込)297,000円(税込)
フレンチブルドッグ子犬の写真No.202406185正面7月16日現在
メス
297,000円(税込)
2024年6月18日生まれのフレンチブルドッグの子犬

2024年3月5日生まれのフレンチブルドッグの子犬

2024年3月5日生まれのフレンチブルドッグの子犬

オス2頭、カラーはパイドです。
生産地は静岡県浜松市の当犬舎ワンブーです。

父犬はJKCチャンピオン直子のブリンドルのブッチャーです。変性性脊髄症(DM)はクリアです。

母犬はホワイト&クリームのユキミです。変性性脊髄症(DM)はクリアです。

フレンチブルドッグのユキミ

フレンチブルドッグの子犬販売のブリーダー「ワンブー」が、静岡県浜松市からお客様に直接販売しています。

ペットのブリーダーワンブーの子犬の価格には、健康診断・マイクロチップ代金、1ヶ月の生命保証が含まれています。表記は税込価格です。

ペットのブリーダーワンブーでは実際に私達が使ってみていいと思った、ドッグフードを始めとした飼育用品もあわせて販売させていただいています。
販売価格も低価格で安心です。

ペット保険も2社取り扱いがございますので、加入をご検討の方はご相談ください。子犬販売当日からご加入いただけます。

また、子犬を販売したら終わりではなく、しつけなどのアフターフォローも万全です。
気になることはどんどん聞いてください。お客様と一生涯のお付き合いをしたいと考えています。

フレンチブルドッグ子犬の写真No.202403051正面3月25日現在フレンチブルドッグ子犬の写真No.202403052正面4月30日現在
オスオス
ご家族決まりましたご家族決まりました
2024年3月5日生まれのフレンチブルドッグの子犬

2024年2月9日生まれのフレンチブルドッグの子犬

2024年2月9日生まれのフレンチブルドッグの子犬

オス1頭、カラーはブリンドルです。
生産地は静岡県浜松市の当犬舎ワンブーです。

父犬はJKCチャンピオン直子のブリンドルのブッチャーです。変性性脊髄症(DM)はクリアです。

母犬は外産直子のクリームのビーノです。変性性脊髄症(DM)はクリアです。

フレンチブルドッグのビーノ

フレンチブルドッグの子犬販売のブリーダー「ワンブー」が、静岡県浜松市からお客様に直接販売しています。

ペットのブリーダーワンブーの子犬の価格には、健康診断・マイクロチップ代金、1ヶ月の生命保証が含まれています。表記は税込価格です。

ペットのブリーダーワンブーでは実際に私達が使ってみていいと思った、ドッグフードを始めとした飼育用品もあわせて販売させていただいています。
販売価格も低価格で安心です。

ペット保険も2社取り扱いがございますので、加入をご検討の方はご相談ください。子犬販売当日からご加入いただけます。

また、子犬を販売したら終わりではなく、しつけなどのアフターフォローも万全です。
気になることはどんどん聞いてください。お客様と一生涯のお付き合いをしたいと考えています。

フレンチブルドッグ子犬の写真No.202402091正面3月30日現在
オス
ご家族決まりました
2024年2月9日生まれのフレンチブルドッグの子犬

2024年1月15日生まれのフレンチブルドッグの子犬

2024年1月15日生まれのフレンチブルドッグの子犬

メス2頭、カラーはクリームです。
生産地は静岡県浜松市の当犬舎ワンブーです。

オス犬はクリームのオッツァンです。変性性脊髄症(DM)はクリアです。

フレンチブルドッグのクリームのオッツァン
フレンチブルドッグのクリームのオッツァン2
フレンチブルドッグのクリームのオッツァン3

母犬は外産でクリームのピーパリです。変性性脊髄症(DM)はクリアです。

フレンチブルドッグのピーパリ

フレンチブルドッグの子犬販売のブリーダー「ワンブー」が、静岡県浜松市からお客様に直接販売しています。

ペットのブリーダーワンブーの子犬の価格には、健康診断・マイクロチップ代金、1ヶ月の生命保証が含まれています。表記は税込価格です。

ペットのブリーダーワンブーでは実際に私達が使ってみていいと思った、ドッグフードを始めとした飼育用品もあわせて販売させていただいています。
販売価格も低価格で安心です。

ペット保険も2社取り扱いがございますので、加入をご検討の方はご相談ください。子犬販売当日からご加入いただけます。

また、子犬を販売したら終わりではなく、しつけなどのアフターフォローも万全です。
気になることはどんどん聞いてください。お客様と一生涯のお付き合いをしたいと考えています。

フレンチブルドッグ子犬の写真No.202401151正面4月8日現在フレンチブルドッグ子犬の写真No.202401152正面2月5日現在
メスメス
ご家族決まりましたご家族決まりました
2024年1月15日生まれのフレンチブルドッグの子犬

2023年10月12日生まれのフレンチブルドッグの子犬

2023年10月12日生まれのフレンチブルドッグの子犬

オス3頭、カラーはフォーンです。
生産地は静岡県浜松市の当犬舎ワンブーです。

オス犬はJKCチャンピオン直子のブリンドルのエレキです。

母犬はフォーンのクッチョンです。変性性脊髄症(DM)はクリアです。

フレンチブルドッグのクッチョン

フレンチブルドッグの子犬販売のブリーダー「ワンブー」が、静岡県浜松市からお客様に直接販売しています。

ペットのブリーダーワンブーの子犬の価格には、健康診断・マイクロチップ代金、1ヶ月の生命保証が含まれています。表記は税込価格です。

ペットのブリーダーワンブーでは実際に私達が使ってみていいと思った、ドッグフードを始めとした飼育用品もあわせて販売させていただいています。
販売価格も低価格で安心です。

ペット保険も2社取り扱いがございますので、加入をご検討の方はご相談ください。子犬販売当日からご加入いただけます。

また、子犬を販売したら終わりではなく、しつけなどのアフターフォローも万全です。
気になることはどんどん聞いてください。お客様と一生涯のお付き合いをしたいと考えています。

フレンチブルドッグ子犬の写真No.202310121正面12月8日現在フレンチブルドッグ子犬の写真No.202310122正面11月21日現在フレンチブルドッグ子犬の写真No.202310123正面11月29日現在
オスオスオス
ご家族決まりましたご家族決まりましたご家族決まりました
2023年10月12日生まれのフレンチブルドッグの子犬

2023年9月14日生まれのフレンチブルドッグの子犬

2023年9月14日生まれのフレンチブルドッグの子犬

オス3頭、カラーはブリンドルです。
生産地は静岡県浜松市の当犬舎ワンブーです。

父犬は外産でAKCチャンピオン直子のクリームのファンキーです。変性性脊髄症(DM)はクリアです。
母犬はフォーンのドリアンです。変性性脊髄症(DM)はクリアです。

フレンチブルドッグの子犬販売のブリーダー「ワンブー」が、静岡県浜松市からお客様に直接販売しています。

ペットのブリーダーワンブーの子犬の価格には、健康診断・マイクロチップ代金、1ヶ月の生命保証が含まれています。表記は税込価格です。

ペットのブリーダーワンブーでは実際に私達が使ってみていいと思った、ドッグフードを始めとした飼育用品もあわせて販売させていただいています。
販売価格も低価格で安心です。

ペット保険も2社取り扱いがございますので、加入をご検討の方はご相談ください。子犬販売当日からご加入いただけます。

また、子犬を販売したら終わりではなく、しつけなどのアフターフォローも万全です。
気になることはどんどん聞いてください。お客様と一生涯のお付き合いをしたいと考えています。

フレンチブルドッグ子犬の写真No.202309141正面11月1日現在フレンチブルドッグ子犬の写真No.202309142正面11月10日現在フレンチブルドッグ子犬の写真No.202309143正面11月10日現在
オスオスオス
ご家族決まりましたご家族決まりましたご家族決まりました
2023年9月14日生まれのフレンチブルドッグの子犬

フレンチブルドッグとは

フレンチブルドッグは、その独特の顔立ちと愛らしい性格で広く知られる魅力的な犬種です。近年、その人気は急上昇しており、家庭での伴侶として多くの人々に選ばれています。

サイズと価格の魅力

大型犬のブルドッグと比べると、フレンチブルドッグは小型で、扱いやすいサイズ感が特徴です。また、価格的にも手が届きやすく、多くの家庭で飼いやすい点が挙げられます。日々の散歩や室内での遊びも程よい運動量で済むため、特に都市部のアパートやマンションでの飼育にも適しています。

需要の増加とブリーダーの探し方

日本でもその人気は右肩上がりであり、ジャパンケンネルクラブ(JKC)の登録頭数も年々増えています。そのため、フレンチブルドッグを専門に扱うブリーダーも増えてきました。優良なブリーダーから購入するためには、十分なリサーチが必要です。信頼できるブリーダーは、子犬の健康状態や親犬の情報、飼育環境を詳しく説明することで、購入後のサポートまでしっかりと行います。

フレンチブルドッグの魅力

フレンチブルドッグは、その愛くるしい表情や遊び心がたくさん詰まった性格から、多くの飼い主を魅了しています。インターネット上やさまざまな書籍では、フレンチブルドッグの魅力的な特性や、飼い主としての楽しみ方について多くの情報が紹介されています。例えば、彼らは非常に社交的で、人懐っこいため、他のペットや子供ともすぐに仲良くなります。

注意点とデメリット

一方で、ペットのブリーダーワンブーでは、フレンチブルドッグを飼う際の注意点やデメリットについても詳しく紹介しています。例えば、フレンチブルドッグは暑さに弱く、特に夏場の熱中症には注意が必要です。また、短頭種特有の呼吸問題から、運動量を控える必要がある場合もあります。これらの情報は、飼い主がフレンチブルドッグの健康を守るための貴重なアドバイスとなります。

フレンチブルドッグの購入に向けた準備

フレンチブルドッグを迎える準備としては、まずは信頼できるブリーダーからの子犬の購入が大切です。販売前に健康状態や親犬の歴史をしっかり確認し、適切な飼育環境を整えることが重要です。子犬の早期社会化を進めるために、適切なトレーニングと愛情深いケアが必要です。

フレンチブルドッグは、その魅力を知れば誰もが虜になる犬種ですが、その愛らしい姿と共に適切なケアと注意が求められます。ブリーダーからの子犬の購入を考えている方にとって、情報をしっかり収集し、充分に準備をすることが成功の秘訣です。

フレンチブルドッグの歴史と起源

フレンチブルドッグは、その独特な外見と愛くるしい性格で多くの愛犬家に愛される犬種です。彼らの起源は19世紀に遡り、発祥地はイギリスとフランスと言われています。イギリスでは「トイブルドッグ」として、小型化されたブルドッグが育てられていました。そして、フランス北部のノルマンディー地方へと輸出され、そこで現地の犬種と交配され、現在のフレンチブルドッグが誕生したのです。

フレンチブルドッグの独特な特徴

フレンチブルドッグの最大の特徴は、その立ち耳と短い鼻、そしてがっしりとした体格です。彼らの耳は「バットイヤー」と呼ばれ、立っている耳は非常に特徴的です。また、短く丸い顔つきと大きな目は、彼らに独特の愛嬌を与えています。この顔つきこそが、多くの犬愛好家に愛される理由の一つでしょう。

フレンチブルドッグの歴史的背景

フランスのレース職人たちは、この小型犬を連れて移動し、その際にフレンチブルドッグは人気を博しました。特に、パリの芸術家や知識人の間で非常に愛され、彼らのステータスシンボルとなりました。その結果、フレンチブルドッグは19世紀後半にはフランス全土で知られるようになり、その魅力は北米へと広がっていきました。

フレンチブルドッグの選び方と注意点

フレンチブルドッグを家族に迎え入れる際には、いくつかの重要なポイントに注意する必要があります。まず、信頼できるブリーダーやペットショップを選ぶことが大切です。健康状態や血統についての情報が明確であることはもちろん、購入前に見学や相談が可能であることが望ましいです。

健康面とアフターケアの重要性

フレンチブルドッグは他の犬種と比べて呼吸器系や消化器系に問題を抱えやすい犬種であるため、健康管理が非常に重要です。購入後のアフターケアやサポートが充実していることを確認し、ブリーダーや販売者がどのようなサポートを提供しているかを事前にチェックすることが推奨されます。

犬の性格と選び方

また、子犬の性格や毛色、性別も選び方に影響を与えます。フレンチブルドッグは個体によって性格が大きく異なるため、事前にその子犬がどのような性格を持っているかを確認することが大切です。一般的に、フレンチブルドッグは社交的で愛情深い性格の持ち主ですが、好奇心旺盛な子犬から落ち着いた子犬まで様々です。

まとめ

フレンチブルドッグを選ぶ際には、信頼できるブリーダーや販売者を見つけ、公正な情報を提供してもらうことが大切です。インターネットでの検索や専門サイトの活用を通じて、納得のいく愛犬を迎え入れるための準備をしっかりと行いましょう。フレンチブルドッグはそのユニークな外見と独特の魅力で、家族の一員として長年愛され続けることでしょう。

フレンチブルドッグの性格と飼い方のポイント

フレンチブルドッグの特性と性格

フレンチブルドッグは、その名の通りフランスを代表する小型の愛犬で、一見すると無邪気な顔立ちが特徴です。しかしながら、そのルーツを辿るとブルドッグの血を引いているため、一部には攻撃的な性格を持つことがあるのも事実です。特に闘犬の祖先を持つため、その一面を持っていることは見逃せません。

感覚と行動の傾向

この犬種は、鼻が詰まっているため優れた嗅覚を持たないことが特徴です。それゆえに、視覚に頼る傾向があります。このため、視覚が優れた彼らは早く動くものに対して敏感に反応しがちです。ドッグランや公園で他の犬と遭遇した場合には、一目散に駆け寄ってしまうことが多いです。特に、動きの速いものや興味を惹かれるものに対しては、その行動は顕著になります。

社会性としつけの重要性

それでも、自分よりも小さな犬には優しい一面を見せることがある反面、大型犬には積極的に対峙する傾向があります。このような個体差はもちろん、人間がどれだけしっかりとしつけを行うかによって変わってきます。しっかりとしたしつけと社会性を身につけさせることで、トラブルの際に加害者にも被害者にもなりにくくなります。

ドッグランでの振る舞い

フレンチブルドッグは、他の犬種に比べてドッグランなどで誤解されやすい犬種です。しかし、適切な社会性を身に着けさせ、しつけを行うことで、どんな犬とも友好的に過ごすことができるようになります。これにより、飼い主さんも安心してどこへでも連れて行くことができ、共に楽しい時間を過ごせるでしょう。

多頭飼いの注意点

フレンチブルドッグは非常に飼い主への愛情が深く、その愛情を一身に受けたいと強く願います。このため、多頭飼いを計画する場合は特に注意が必要です。他の犬に嫉妬心を抱きやすく、飼い主が他の犬と遊んでいると間に割って入ることがあります。こうした状況を避けるためにも、飼い主がしっかりと場を仕切り、どの犬と遊んでいるのかを明確にすることが大切です。

飼い方のポイント

フレンチブルドッグを飼育する際には、以下のポイントを意識しましょう!

  1. しつけをしっかり行う:フレンチブルドッグは賢く、しつけが入ると非常に従順になります。
  2. 社会性を身につけさせる:他の犬や人との交流を積極的に取り入れましょう。
  3. 多頭飼いの際の配慮:嫉妬深い性格を理解し、注意を払うことが必要です。
  4. 飼い主がリーダーシップを取る:すべての犬に対して公平に接しつつ、場をリーダーとして仕切ることが重要です。

フレンチブルドッグを迎える際に

フレンチブルドッグを迎え入れる際には、信頼できるブリーダーと相談することが重要です。子犬の時期から適切な飼い方を学び、最良のスタートを切るために、多くのアドバイスを受けることがおすすめです。信頼できるブリーダーから購入することで、健康で性格の良いフレンチブルドッグが家族の一員となり、一生のパートナーとして素晴らしい生活を共に送ることができるでしょう。

フレンチブルドッグの特徴

フレンチブルドッグは、小型で筋肉質な体型が魅力の犬種です。体高は約30cm、体重は8kgから17kgで、平均寿命は12年から14年とされています。特徴的な大きな頭部に、丸くて愛らしい目と幅の広い口を持ち、その独特な表情が多くの人々を惹きつけます。耳は「コウモリ耳」と呼ばれる立ち耳で、被毛は短くて滑らか、カラーはブリンドル、パイド、フォーン、クリームなど多様です。また、尾は短くねじれた形状をしており、この愛嬌のあるルックスが人気の一因となっています。

カラーと販売価格、健康面の違い

フレンチブルドッグのカラーによって、販売価格や健康面、性格に違いが見られることがあります。一般的に、クリーム、パイド、フォーン、ブリンドルの順で販売価格が高くなる傾向があります。これはそれぞれの色の人気度に影響を受けているからです。一方で、健康面ではブリンドル、フォーン、パイド、クリームの順で病気の発症率が低くなるとされています。これは基本カラーの犬が体質的に丈夫であることが影響しています。

ドッグショーでの評価

フレンチブルドッグのドッグショーでは、特にブリンドルやフォーンの個体が高く評価されることが多いです。これらのカラーは犬種スタンダードに沿っており、優れた体格や毛並みを持つことが評価されるポイントです。

フレンチブルドッグの選び方

フレンチブルドッグを新たな家族に迎える際には、その健康状態や性格をしっかりと確認することが重要です。信頼できるブリーダーから購入することが最も安心です。ブリーダーから直接話を聞いたり、親犬を見せてもらったりすることで、その子犬がどのように育てられてきたかを知ることができます。

まとめ

フレンチブルドッグは、その愛らしい外見とユニークな性格で多くの人々に愛されています。しかし、新たに子犬を迎える際には、ブリーダーの選定、健康状態のチェック、カラーとそれによる価値の違いなど、考慮すべき点が多くあります。信頼できるブリーダーや専門のペットサイトを利用し、自らが納得するまでしっかりと情報を収集し、最適なフレンチブルドッグを迎えることが重要です。このプロセスを経ることで、充実したペットライフを送る基盤を築くことができるでしょう。

フレンチブルドッグの病気

短吻犬種特有の環境適応性と温度管理

フレンチブルドッグを含む短吻犬種は、その独特な顔つきが原因で呼吸がしにくく、特に暑さや寒さに対して非常に敏感です。このため、日本の気候では外での飼育が難しく、室内での飼育が推奨されています。特に夏場は熱中症や熱射病にかかりやすいため、エアコンは必須と言えます。また、冬場も寒さから守るために適切な室内温度を保つことが大切です。

健康な皮膚を保つための食事管理

フレンチブルドッグは皮膚が弱く、食事が大きな影響を与えることがあります。ドッグフードを選ぶ際には、原材料をしっかり確認して犬が食べることができるものでできているか確認してください。詳しくはワンブーのこだわりを確認してみてください。

皮膚トラブルの原因と治療法

フレンチブルドッグが起こしやすい皮膚トラブルは、大きく分けて体内からの原因と体外からの原因があります。外からの原因には、真菌やマラセチア菌による感染が多く見られ、薬用シャンプーや塗り薬、抗真菌薬を使用して治療します。しかし、多くのフレンチブルドッグの場合、皮膚トラブルの原因は体内にあります。

健全な体を作るための運動とストレス管理

皮膚トラブルの最大の原因として挙げられるのは、身体的ストレスです。多くの家庭で飼われている犬は運動不足に悩まされており、これはフレンチブルドッグにとっても例外ではありません。散歩は大切ですが、それだけで十分な運動にはなりません。他の犬と遊ぶことや、砂浜や川でのアクティビティなど、全身を使った運動が必要です。筋肉が不足すると、脊髄疾患による痛みや歩行困難などが生じることがあります。

精神的ストレスの軽減としつけ

精神的ストレスも皮膚トラブルに大きな影響を与えます。これは、適切なしつけが行われていないことが一因です。犬が自分の要求を通そうとする際に、それが受け入れられないと、ストレスが溜まります。例えば、散歩中にリードで抑えられたり、食事を待つ間に騒いだりする状況がストレスの元となります。子犬の時からしっかりとしたしつけを行い、犬の精神状態を安定させることが重要です。

質の良いドッグフードの選択

最後に、食事の管理も重要です。質の良いドッグフードを選ぶことで、犬の免疫力を高め、皮膚トラブルや他の病気を予防することが可能です。これらの3つの管理(運動、精神、食事)をしっかり行うことで、フレンチブルドッグは健康で快適な生活を送ることができます。

これら3つのことがうまくできていないと犬の免疫力が低下してさまざまな病気などが表面化します。逆に言ったら、この3つを気をつければ皮膚病やアトピーなどの皮膚トラブルは非常に少なくなります。実際ペットのブリーダーワンブーのフレンチブルドッグはパイドやクリームでも皮膚トラブルはありません。病気になったら獣医さんのお世話になると思いますが、普段の生活に原因がある場合が多いです。その場合は獣医さんだけでは良くなりませんので一度普段の生活を見直してみましょう。

フレンチブルドッグの目の健康管理

フレンチブルドッグは目が大きく飛び出しているため、目の損傷にも注意が必要です。目の周りを清潔に保つことや、目に異物が入らないようにすることが重要です。

まとめ

フレンチブルドッグを健康に育てるためには、適切な環境管理、食事管理、運動、そしてしつけが欠かせません。ブリーダーや獣医と連携し、愛犬の健康を守りましょう。ペットのブリーダーワンブーでもこれらの点に特に気を配っており、フレンチブルドッグの健康維持に力を入れています。普段の生活を見直し、愛犬にとって最良の環境を提供することで、彼らの健康を守りましょう。

フレンチブルドッグの健康管理と日頃の手入れ

フレンチブルドッグはその愛らしい外見と愛嬌のある性格で人気のある犬種ですが、その特性から特に健康管理に注意が必要です。ここでは、フレンチブルドッグの日常的な手入れ方法や健康管理について詳しく説明します。

グルーミングの基本

フレンチブルドッグの被毛は短く、手入れは比較的簡単です。ただし、毛が短いためにブラッシングの頻度を軽視しがちですが、定期的なブラッシングは健康維持にとても役立ちます。ラバーブラシを使ってやさしくマッサージしながらブラッシングすると、血行が良くなり皮膚の健康を保つことができます。ブラッシングは被毛のケアだけでなく、犬との信頼関係を深める時間にもなります。

脊髄の異常について

フレンチブルドッグは遺伝的要因から脊髄に異常を持つ子犬が生まれることがあります。私たちの経験や獣医の意見では、多くのフレンチブルドッグが脊髄異常を抱えています。元々の異常ですので軟骨がすり減ってなる椎間板エルニアとは違います。

1歳を越えたあたりから早いフレンチブルドッグは症状が出ますが、元気がなくなってドッグフードを食べなくなったり、プルプルと震えだしたり、後ろ足を痛がったりするようになります。レントゲンを撮ればすぐわかると思いますが、脊髄に異常があります。痛み止めをもらって安静にしていれば1週間ぐらいで普通になると思います。

症状予防のための注意点

フレンチブルドッグを飼育する際には、以下の点に注意して脊髄異常の症状を予防しましょう。

  1. 段差の上り下りをさせない: 階段やソファーなどの上り下りをさせないことです。降りるときには特に負担がかかりますので絶対にさせないようにしましょう。
  2. 縦のジャンプを防ぐ: ケージの中なので我慢ができずにぴょんぴょん縦にジャンプすることをさせないようにしましょう。脊髄にものすごく負担がかかります。犬のしつけをしっかりすれば我慢ができずに騒ぐこともなくなります。
  3. 適度な運動で筋力をつける: 人間でもスポーツ選手が怪我をした時に周辺の筋肉をつけ直して怪我をしないようにカバーすることと同じです。獣医さんに負担をかけにように体重を落として激しい運動をしないように言われる方が多いですが、これでは筋肉がなくなって症状が出やすくなる可能性が高くなります。また、運動不足により身体的ストレスが溜まり、問題行動や皮膚トラブルのリスクが高まります。

血友病のリスク

また、フレンチブルドッグは血友病という血液の遺伝病にかかるリスクもあります。これは血液が正常に凝固しない病気であり、軽微な傷が出血を引き起こす可能性があります。血友病の疑いがある場合は専門の獣医師に相談し、早期の診断と対策を行うことが大切です。

ブリーダーの重要性と選び方

フレンチブルドッグを家庭に迎える際には、信頼できるブリーダーから購入することが重要です。ブリーダーは犬の健康状態や遺伝的背景について詳しく知っています。誠実なブリーダーは、健康な子犬を販売し、その後のサポートも行ってくれます。新しい飼い主は、ブリーダーと密にコミュニケーションを取り、適切なアドバイスを受けることで、フレンチブルドッグの健康を長く保つことができます。

以上の点を考慮して、フレンチブルドッグの健康管理と手入れを行えば、愛犬との幸せな時間が一層豊かなものとなるでしょう。

目次